2011年12月28日

サトウキビの花

susuki1_0_1228.jpg

朝、西原から首里へ向かう途中でさとうきび畑の横を走るのですが、朝陽に穂が銀色に輝いてとても美しいのです。今日はとうとう思い切って停めてシャッターを切ってみました。時間があれば電線が写らないアングルを捜したかったのですが・・・。
電線は、確かに生活には必要ですが、景色には邪魔ですねぇ。
さてこの季節の終わりには、たまぐすくでもさとうきび酢のための収穫が始まります。

tree_0_1228.jpg


この銀色に輝く穂はさとうきびの花で、この中に雄しべと雌しべがあるんですよ。


ラベル:沖縄
posted by cosmo at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 花・木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。